top of page

​自家消費ソリューション

ソーラーパネルを設置した住宅

自家消費としての
​新たな選択肢

img08_01.png
Image_20240529152327.jpg

​01l

~50kW案件の自家消費について

 

「例1」蓄電池を導入無しの
三相9.9kWを1~5台での
自家消費を実現

スマートメーター (第一エレクトロニクス.png

【備考】

・通信について

1.RS485は芋づる式で接続推奨

2.メーターからマスターPCS 120m以内、メーターから最後のPCSの距離300m

・RPR機能ついて

連系点追跡機能があるので、逆潮流発生しない事です。

・監視について

弊社専用監視システムがあります。

・メーターについて

(CTを使用タイプとなしタイプ)

CT 必要なケース:連系点契約容量制限なし、パワコン台数13台まで

CT不必要なケース:連系点契約容量27kW以下、接続パワコン3台以内

・パネル接続について

過積載最大150%まで

・設定について

wifiロガーとパワコンを繋ぎ、ネットの監視システム上でパワコンの設定が可能

・リレーについて(キュービクルが有り、OVGR/ZPD等が必要なケースの場合)

第一エレクトロニクスのマルチメーターを利用し、

メーター機能・RPRリレー・OVGRリレー、RS485で

パワコンと通信し、リレーを動作したら、パワコンを停止等をする。

Image_20240529152327.jpg

​02l

~300kW案件の自家消費について

 

「例1」蓄電池を導入無しの
三相9.9kWを10台使用し、約100kWの分散型方式で自家消費を実現

多くのメーカーが三相9.9kWの製造を中止するなかで、

AforeJapanは10年前の取り付けの交換品(リプレイス対応)に加えて、

自家消費案件にも対応した三相9.9kWを今後世代への定番の製品として、商品化致しました。

「工場、病院、産業用施設」へ蓄電池導入無しで初期コストを抑えて

​完全自家消費を実現

日中稼働(電気を使用)している現場であれば、買電を減らし経済的に効果を実感頂けます。

スマートメーター (第一エレクトロニクス (2).jpg

スマートメーターに第一エレクトロニクス「DVRR-72」を使用する場合

DVRR-72とキュービクル内のZPD,CT,VT、

パワコンと接続頂きます。

bottom of page