top of page

​三相9.9kW

太陽光エネルギー

​売電用、自家消費としての
​新たな選択肢

​01l

売電用としての活用
 

経済的な消耗品としての
新たな提案

多くのメーカーが三相9.9kWの製造を中止するなかで、AforeJapanは10年前の取り付けの交換品としても、

新たな売電用の現場にも最適な三相9.9kWを今後世代への定番の製品として、商品化致しました。

50kW未満の低圧から50kW以上の高圧に変わることで、どのような影響があるのでしょうか。

それは、低圧では必要のなかった費用と手続きが追加で発生することです。高圧の太陽光発電設備には、経済産業省令の技術基準に適合させて発電設備を安全に維持・運営していく義務が生じます。

そのために定められている、設備や契約、手続きをまとめると以下のとおりです。

  • キュービクル(高圧受電用設備)の設置

  • 高圧連系用プランを電力会社と契約

  • 電気主任技術者を専任して届出を提出

  • 設備の保安規定を定めて提出

  • 第一種もしくは認定電気工事従事者による工事

費用面では、キュービクルという高圧受電用設備が数百万円と非常に高額です。そのため、高圧にするのであれば少なくとも200〜300kW以上の設備規模にしなければ、スケールメリットを得られません。

仮に50kWから容量を増やし、高圧にして売電収入が年間10万円増えたとしても、キュービクル費用が数百万円かかれば、得られる収益は最悪の場合マイナスになってしまいます。また、高圧連系用の契約と電気主任技術者の専任でも月額費用が発生します。さらに、手続き上も高圧連系や専任電気主任技術者と保安規定の提出が必要になり、低圧よりも手間がかかるのです。

この2点から、個人で行う太陽光投資では50kW低圧が主流になっています。

家族の時間

​02l

AforeJapanの
​蓄電池

安心と環境配慮を
​同時に実現

本文を追加.jpg

「できるだけ電気を使わない暮らし」を叶える大容量蓄電池

「企業でつかって基本料金をピークカットして無駄な支払いを抑える

FITやFIPの買電価格も下がり、買電価格が上昇するいま

売ることより、買電量を減らすことが重要になってきております。

昼間、太陽光で発電したクリーンエネルギーを貯めておくことで、なるべく電力会社から買電量を抑えることはもちろん、非常時に備えることができます。

​昼間に限らず夜間にも、地球とお財布に優しい暮らしを叶えます。

​03l

AforeJapanの
​蓄電池

アジアの巨匠
台湾プラスチック製蓄電池とは

AforeJapanの展開する蓄電システムは

・8.25kWまたは9.9kWの2種類のパワコン

・12kWh、24kWh、36kWhの組み合わせ蓄電池

家庭用であれば8.25kWもしくは9.9kWの発電に蓄電池は12kWhが多くのハウスメーカーで主流になりつつあります。

本文を追加 (1).jpg
本文を追加 (4).jpg
スクリーンショット 2023-11-24 165403.png

蓄電容量は12kWh、24kWh、36kWhの3種類

1台のパワコンに対して12kWh×3台まで可能

Industrial-産業用
​蓄電システム

bottom of page