top of page
電子回路

パワコンの故障・変換効率低下・保障期間終了

パワコン​の
リパワリング・故障交換について

<産業用のパワコン交換はお任せください>

 

三相9.9kWの故障交換に最適


2012年FIT制度の開始により日本国内の太陽光発電所数は急増しました。
制度開始から10年以上が経過し、初期に稼働開始した発電所などでは、経年劣化等の要因により
発電不良や効率低下といった問題に直面することが想定されます。


​リパワリング、リプレイスを検討しているなら
圧倒的なハイスペック機種
 

BNT9.9.jpg

そもそもリパワリングとは

経年劣化により、発電量が低下してしまった太陽光発電設備を新しい設備に交換し、発電量を改善することです。これにより発電量が増加し、売電収益の損失を防ぐことにもつながります。
 

パワコンをリパワリングする5つのメリット

発電量の増加で売電収入もアップ

​パワコンを新しくするこで、発電量が増加します。

​2

FIT期間における収益最大化!(オンライン制御対応で更にUP)

FIT期間中であれば、パワコン交換による発電量の増加で収益を最大化
することも可能です。

保証期間が新しくなり、メンテナンスコストのダウン!

保障期間を新しくなり、故障や不具合リスクを低減

故障による売電ロスを未然に回避!

10年経過したパワコンは故障しやすくなっているため、故障してからの売電のロスが発生します。損失を賢く回避。

最新の製品は技術進歩により、価格が下がり発電効率も向上!

パワコンの開発、生産の技術が進化し10年前より高品質な製品を低価格で購入可能

このようなお悩みはありませんか?

​こんなお悩みありませんか?

年々発電量が減ってきている

​売電収入を過去よりもっとたくさん増やしたい

システム全体の収益を最大化したい

運用開始からそろそろ10年経過している

FIT制度創設当初に太陽光発電を設置している

このようなお悩みは

リパワリングで解決!

パワコンの保証期間は10年
壊れてからでは、遅い!パワコン納期には時間がかかります!

仮に9.9kw(10kw)パワコンが1台故障した場合、
低圧であれば
約20%~25%の売電収入が入りません!

1か月で30万円の売電収入が入っている場合は、
1台の破損で30万×(約20%~25%)⇒ 6万円~7.5万円のロスになり、

仮に発注~設置まで6か月ぐらいかかる場合は、36万円~45万円のロスとなります!

ではいい方法は・・ないのだろうか?

安心できる解決方法は

10年過ぎたらパワコン交換を検討することです。

そして一番安く設置する方法は、「全台交換」することです!

まず大前提は「パワコンの寿命は一般的に10~12年」という事実があります。
1台故障したからといって故障した1台を交換してしまうと、次に別の1台、その次の1台と、故障するごとに交換設置工事費がかかってきます。

そのため、設置されているパワコンを全台一気に交換したほうが、将来的に工事費を抑えることが可能となり、さらに全台が新品のパワコンになるため、

「発電効率が一番高い状態」で発電することになります。賢い投資家様は既にやられております!

Aforeに展開するパワコンには無料で監視機能も付いてきます!

​遠隔でリアルタイムで発電量や売電料が一目で把握ができるので安心

出力制御付きなので、全国で義務化が増加している出力制御機能必須の九州電力でも取り付け可能です!200V出力の絶縁型を採用しているため、

他社の9.9kWのパワコンを簡単にリパワリング交換ができます。

既存のパワコンをアフォーレのパワコンに交換するためには

「1」既存のパワコンを取換構成

既存のパワコンのMPPT回路数が異なっても問題ありません。(2in1コネクタを利用します)

​同一のストリング電圧は同じに設定。

9.9パワコン変更_page-0001.png
bottom of page